22 November 2009

噂には聞いていた。

オーケー、仕事の合間に悪名高いPENTAX Digital Camera Utility 4を試してみたぜ。
これは酷い。実に酷い。
ちょこっとスライダーを弄るたびに膨大な待ち時間。
効果があったのか無かったのかよく分からんのですが!
歪曲補正なんか待ち時間が長過ぎるのでトライ&エラーなんてやってられない。
むしろ補正する気にならない。
なにこれ?プレビュー用のちっこいデータとか作らずに表示してるのん?
SILKYPIXをベースにして、どうしてこうも扱いづらいモノが仕上がるのか。
てゆーか、パナソニックのように現像対象を限定したSILKYPIXをバンドルした方がエエではないか。
と、言いつつ今日もAdobe Lightroom 3 Betaで現像を行う小官。
歪曲、色収差補正が自動で出来るようになるとエエのにな。

その後、K-xの動画撮影モードにおいて手ぶれ補正を使用すると、センサーシフト式手ぶれ補正の弊害としてちりちりカタカタと非常に鬱陶しい事を発見。
そして、外部マイクを利用出来ない動画対応カメラは駄目じゃのう。という結論に至る。



私信
>今日はいいお日和でござんした。お仕事もお疲れ様です。
ふふふ、先日はカメラ散歩で時間を無駄にし、本日は寒さで体が動かず時間が足りぬ。
ふふふ。
Post a Comment