30 November 2009

カメラの日。

えーと、資料によると「1977年11月30日に小西六写真工業(現コニカミノルタ)が、世界初のオートフォーカス(AF)カメラ「コニカC35AF」を発売したのを記念するもの」…
ふむ。理解した。
しかし小官の手元にはコニカなど存在せず、はじめての個人所有カメラは学研の教材を除外すればキヤノンのオートボーイ3であったと記憶する。
モーターショウの日産ブースでエスカルゴとかPAOとか撮影してたら故障しちゃったんだよな。
そんで修理の際にフィルム紛失されて、そこそこエラいひとがしょぼいカメラバッグとフィルム2本もって謝罪のため我が家を訪問したりしたのだ。
懐かしいな。学生の頃の思い出ガジェットだな。
フィルム代とか現像代とか地味に痛かったな。
そしてその後、記録熱はビデオカメラへ移行した後、黎明期のデジカメ画質にむにゃむにゃし、現在のデジ一爆発期に至る。
Post a Comment